【釋空満寺】《しゃくまんじ》公式HP | 観音様の教え| 大分県 | 津久見市|納骨の心配、人生について、生き方についてなど、お悩み事の相談承ります。

  • 釋空満寺
qrcode.png
http://shakumanji.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
釋空満寺
 
本山
〒879-2461
大分県津久見市上青江6346-2
TEL:0972-82-0551
FAX:0972-82-0171
 
延岡別院
〒882-0062
宮崎県延岡市松山町1221
TEL:0982-33-6502
FAX:0982-22-0020
──────────────────
一般仏事
お悩み相談
納骨相談
──────────────────
 
 
 
30年 釋空満寺通信[ぶつぶつ] 7月号
2018-07-01
30年釋空満寺通信 [ぶつぶつ] 7月号 掲載中
 
 
アジサイ供養
2018-06-01
 

平成30年度アジサイ供養

 

今年のアジサイ供養は、4本です。

小ぶりなもので色は何色でも可。

 

 

アジサイ供養とは?

 

アジサイを通じて神仏に運気上昇、特に金銭運の上昇を願う供養法です。

 

事業者以外の人は月々の収入が決まった金額しかありませんが、

予定外の出費や要らぬ出費(病気・義理事・紛失・盗難など)がなければ大きく違ってきます。

以上の事を思い、不要な出費のない事を念じることで金銭運上昇につながります。

 

 

 方法

 

  アジサイの花を4本用意する。(本数は毎年変わるので注意)

   店で購入するも可。昔からある種類のものを使用。

 

  アジサイの茎を紅白の紐で縛りドライフラワーを作るように下げる。

   場所は、床の間のある家は、床の垂れ壁裏側(部屋側から見えないよ

   に下げる)床の間の無い家は、押入れ内またはクローゼット内にする。

 

   ③家長の誕生日の末日が合う日の夜9時以降にする。

 

  アジサイの下に、お盆上に小皿とコップを用意し、小皿には当山の御塩

   コップには日本酒(当山御霊酒が最良)を入れお供えする。

       「不要な出費がありませんように。南無釋空満」と念じる。

   毎月一回、来シーズンまで。お供えは翌日の夜下げて、玄関先に撒くか

   流しに流す。(月始めの末日に合わせておけば月三回あるので、忘れて

   場合もその月の内にやり直すことが出来る)

 

    以上の方法で金銭運上昇を願い供養されて下さい。

 

 

 御霊酒を希望の方は、面接時受付か本山まで連絡ください。

 代金は 手渡し時       3,500円

     宅配便(送料・箱代込)5,000円

御霊酒は一本で、一年間のアジサイ供養専用として使用出来ます。

 

本山 電話 0972-82-0551

FAX 0972-82-0171

 

 御霊水を希望の方は、延岡別院まで

 

         延岡別院 電話 0982-33-6502

FAX 0982-22-0020

 
<<釋空満寺>> 〒879-2461 大分県津久見市上青江6346-2 TEL:0972-82-0551 FAX:0972-82-0171